増田宏昭 指揮 ジャパン・クラシカ 第4回定期演奏会

大田区民ホール開場時

2011年6月5日開演前の会場の様子。

左から、コンサートミストレス小森陽子さん、指揮者増田宏昭さん、北井康一。

演奏会終了後、ホールの外で談笑しながら記念撮影。

日時:2011年6月5日(日)14時開演(13時30分開場) (終了しました)

会場:大田区民ホール アプリコ大ホール (JR京浜東北線「蒲田」」駅東口徒歩約3分)

 

ブルッフ /交響曲第1番 変ホ長調作品28

ブラームス/交響曲第2番 ニ長調作品73

 

指揮:増田宏昭

オーケストラ:ジャパン・クラシカ

コンサートミストレス:小森陽子

 

入場料:¥2,000(前売¥1,500) 全席自由:未就学児童のご入場はご遠慮ください

チケットは、ローソン各店舗に備え付けのLoppiにてお買い求め下さい。Lコード:37823。

チケットのお問合せは、ローソンチケット演劇・クラシック専用ダイヤル0570-000-407(10時~20時) 

ジャパン・クラシカ

指揮者・増田宏昭氏の“きっちり練習して質の高い演奏をするオーケストラを”という思いに賛同する情熱的な音楽愛好家の集まるオーケストラとして、2008年に東京を拠点に創設された。

 

増田宏昭 Hiroaki Masuda

東京芸術大学、同大学院卒業。同大学指揮科のピアニスト兼助手。

1983年文化庁派遣芸術家在外研修員海外派遣員として渡独。

コブレンツ市立歌劇場の首席指揮者。

ライニッシェ・フィル客演指揮者。

コブレンツ市名誉市民賞を受賞。
ザールラント州立歌劇場首席指揮者。

ノルトハウゼン歌劇場ならびにLOHオーケストラ・ゾンダースハウゼン音楽総監督に同時就任。

小森陽子

4歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。神奈川高校芸術祭第4回高文連ソロコンテストにおいて会長賞受賞。2004年東京オペラシティにて無伴奏ヴァイオリンの夕べを企画・出演。2005年横浜みなとみらい小ホールにてリサイタルを開催。同年12月よりベルリンにて室内オーケストラの演奏に加わる。2007年2月リサイタルを開催、同年8月ドイツのノルトハウゼン歌劇場音楽総監督増田宏昭氏とその仲間たちと共演。2009年4月、かなっくホールでのリサイタルが毎日新聞に掲載される。2010年4月かなっくホールにてトリオ、6月大倉山記念館にて2人のピアニストとデュオ、7月ミューザ川崎にてクインテッドを演奏する。現在フリーランスでオーケストラ、ソロ室内楽など幅広く活動を行う。

マエストロ増田宏昭さん、コンサートミストレス小森陽子さんにインタビューしました。